2016年11月1日火曜日

育児のためにITベンチャー企業を辞めました。(ちょっと大袈裟)



こんにちは。子煩悩ファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。



9月末に丸1年間勤務したファッション系ITベンチャー企業を退職しました。今回は辞める決心をした理由とこれからについて書いてみます。

これまでWordpressで子育てブログ(http://yamadakoji.x0.com/yk/)を書いていましたが、Wordpressにはメリットがあまり感じられなかったので慣れ親しんだBlogger(ここ)に移転します。そこそこ記事数もあるのでファイルをこのブログにインポートしようとしているのですが上手く行かず頓挫しております…。近いうちに転載しなければ…。

・ITベンチャーで学んだ事


ITベンチャーでは本当に多くの事を学ばせてもらいました。特に仕事への姿勢。それまでは会社から振られた仕事をこなすだけでしたが、会社の成長のために何が必要なのかを自分で考え、それを達成するためには自分がどんな仕事をするか、いう姿勢を学べたのは自分にとってとても価値のある事でしたね。また、社内外問わず関わる人にとても優秀な方々が多かったのも印象的です。成長産業のIT業界ならではって感じでしょうか。今後も是非お付き合いを続けさせてもらいたい人と沢山出会えたのは幸運でした。

・一番大切な時間は何か


そんな学びが沢山あったITベンチャー勤務でしたが、勿論全く問題が無い訳ではありませんでした。最も大きな問題は子供との時間が殆ど無くなってしまった事です。前々職はフレックスタイム制で17時には仕事を切り上げ18時に帰宅して子供との時間を満喫していましたが、ITベンチャーではそのような働き方をするのは難しく、帰宅するのは子供が寝静まった後、という毎日になってしまいました。

入社してそろそろ1年が近づいてきた頃。社内の体制が変わるという節目があり、その前後から私は自分の働き方について考えるようになりました。

自分の人生にとって何が一番大切か。とても悩みました。生まれて初めて悩み過ぎて熱が出ました。その答えは変わっていくものでしょうが、今の私の答えは間違いなく「家族との時間」です。4歳の娘と1歳の息子と遊べる時間は今しかありません。それが明確になった時に、私はITベンチャーを退職する事を決意しました。私の決意に妻も快く同意してくれました。


・お金は必要ない事が明確になった1年間


退職にあたって不安を感じた事は山ほどありますが、一番はやはりお金。ぶっちゃけた話をすると、前々職からITベンチャーに転職して給料は上がりました。その分働いている時間が増えたので時給で考えると微妙な感じかもしれませんが。で、給料が上がって何が変わったかと言えば、何も変わりませんでした。強いて言えば毎朝食べるヨーグルトがちょっと良いのに変わったくらいでしょうか。我が家のライフスタイルではお金があってもそんなに幸せにはならない事がわかりました。時間を使ってお金を得るよりも、その時間を家族と過ごす事に費やした方が良い、というのが私の答えです。

・これから


で、会社を辞めてどうするか。色々考えた結果、私が好きな事はやっぱりファッション。これからは自分が好きなファッションをどうマネタイズするかを模索していきます。というか一応今後の方針は決めました。今は粛々とすべき事をこなしていくしかない、という感じです。仕事場は自宅。こんな状態で仕事しています。



朝と夜はリビング兼寝室になる和室に折り畳みテーブル(ちょっと小さかったかも…)



を置いたのがオフィス。椅子はバランスボールです。



今の所は基本的ブログ(山田耕史のファッションブログ)を書く毎日です。ブログで自分の好きを発信すれば何かしら反応があるという事は今までマイケル・チャン(詳しくはマイケル・チャンに会ってCOURT VICTORY PUMPの履きこなし方を聞いてきた。をご覧下さい)やチープカシオ(詳しくは自分の「好き」を発信する事のススメ。チープカシオのムック本に寄稿しました。をご覧下さい)の件で学びました。幸い先日もある企業からご提案をいただき、近々ミーティングをする予定です。勿論待っているだけではなく、自分からもどんどん周りを巻き込んで行ければと思っています(これもITベンチャーで学んだ事!)。

・退職後の育児


育児はバリバリしています。今までは時間的に難しかった保育園の送迎も行けるようになりました。先週は子供が体調を崩して保育園に行けなかったので私ひとりで一日中子供の面倒を見る事も出来ました。子供との関係性は劇的に変わりました。特に下の1歳の息子。



息子が生まれたのは私がITベンチャーに転職する直前。私とあまり接する事が無かったせいでしょうか。今までは妻が抱いていたのを私が抱こうとすると泣いていたりしていましたが、コミュニケーションが増えた今はかなり懐いてくれるようになりました。昨日は妻が会社の飲み会で保育園迎え→夕食→お風呂→寝かし付けを私ひとりで担当したのですが、大泣きしたりといったトラブルもなく、無事ふたりとも寝ついてくれました。(ついでに私も一緒に寝てしまいました。洗濯とかしなくちゃいけなかったのに)

てな感じで今はこの1年間あまり出来なかった子育て生活を満喫しています。先日は平日に旅行という快挙も実現しました(近々詳しく書きます)。これからは子育て生活と仕事をどう両立させていくかが私のミッションになりますね。まずは先日購入したMacBook Air分を稼がないと。

・保育園は大丈夫だった?


育児ブログらしい情報もシェアします。会社を辞める時に一番心配だったのは保育園。子供ふたりが同じ保育園に通っていますが、調布市は未だ待機児童がいる状態。

「子育てしやすいまち」に向けた保育園整備 | 調布市

ウェブで調べると会社勤めを辞めたら保育園から退園させられた、というエピソードも見られるので、この点でかなり躊躇しました。が、それも杞憂でした。市役所に電話で問い合わせたところ、退職後3ヶ月以内に個人事業主の届け出を出し、それを保育園の所定の用紙に記入し提出すれば問題ないとの事でした。ちなみに個人事業主の届けは税務署で書類を提出するだけ。所要時間30秒でした。税務署なんて人生で初めて行きました。



最後に会社を辞める時に背中を押された本のご紹介を。



ホリエモンの本は今までいくつか読んだ事があったのですが、図書館や人から借りたのばかりで購入するにはなかなか至りませんでした。たまたま購入したこの本が私の退職の後押しになってくれました。いや、なってしまいました、か?私が退職してから妻にもこの本を読んでもらいましたが、「そりゃこれ読んだら会社辞めたくなるねw」と言われました。

自分の選択が正しかったのかどうかはわかりませんが、とりあえずちょっとの間は試行錯誤してみます。その過程はこのブログでご報告できたらと思っています。今まで通りお薦めのスポットやファッションアイテムなどの子育て情報も書いて行きますよ。お楽しみに。




最後までご覧いただきありがとうございました!

Twitter(@yamada0221)でも呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。



このエントリを書いた人
山田耕史 Instagram Twitter

詳しいプロフィールはこちら